スポンサーサイト

  • 2014.01.27 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


学芸員実習感想

こんにちはお久しぶりです、実習生の萩原です
最近めっきり涼しくなり、心なしか恵林寺内の風景も風流に感じられます。 

さて、今回は実習の内容を簡単に紹介したいと思います
【拓本】
…拓本とは、彫刻などに書いてある文字など、写真では見にくい資料を画仙紙(和紙)と墨を使って写し出すことを言います。
今回私が拓本を行った資料は、〃廓曚鉢武田家の家紋が描いてある瓦の二つでした。
とても細かい作業なため、何度か失敗しましたが館長の指導の下なんとか仕上げることが出来ました。

【写真撮影】
…皆様もご覧になったことがあると思いますが、資料集などに載っている工芸品などの写真は、特別な行程によって撮影されています。例えば、〇駑疏澗里しっかり見えるように特定の部分にピントを合わせないで撮る方法や∋駑舛留討映らない様に撮る方法etcなどです。
これらの行程にのっとって撮影の実習をしたのですが、そもそもカメラに疎い私にとって、とても難しい作業でした。

さらに、今後はキャプション(展示品の解説パネル)の作成などに取り掛かる予定です。

毎日とても充実しているため、残り数日で実習が終わってしまうと思うと少し寂しいです。
ちなみに、今日は事務局の矢崎さんが恵林寺の近くの一休庵さんの宝刀(ほうとう)をご馳走してくださいました
とても美味しかったです。館長さんをはじめ、沢山の方々に支えられて実習が行えているので、残りの日程も頑張りたいと思います。

萩原

学芸員実習感想

こんにちは実習の萩原です。立て続けに投稿失礼いたします。
一昨日前から実習をさせて頂いてるのですが、二日間を終えて感じた事を書きたいと思います

★館長さんの博学さ
まず、当館の館長さんはとてもお客様想いのサービス精神旺盛な素敵な方です
お客様が来館される度に、お客様一人ひとりに対してとても丁寧かつ興味深い解説をされ、一つの資料から沢山の豆知識を吸収させてくれます。お客様の中にはもちろん信玄公にお詳しい方も沢山いらっしゃいますが、あまり知識がない方でも、私自身がそうであった様に、館長さんの解説を聞けば一気に賢くなれます武田家の家紋、山本勘助、柳沢吉里・吉保について・・・様々な知識が身に付きました皆様も是非いらして下さい

★事務員の方の優しさ
受付の方はほとんど塩山にお住まいの方が多く、共通の話題が沢山あるため、休憩中などいつも楽しくお話させていただいたいます。また、休憩中にお茶やお菓子を沢山出してくださるので毎日幸せです事務の皆さんがいてこその宝物館です。受付で親切な対応をしてくださる事務員さんが待っていますので、是非いらしてください。

★実習について
一日目は、館内見学を主に行い、展示資料についての知識を深めました。一つの資料から派生する情報が多すぎて、また一つ一つの資料が連鎖していることを見て、改めて歴史の奥深さに面白さを感じました。

二日目は、展示資料の実測や梱包、写真撮影などの具体的な実習を行いました。
これらの実習を通じて、学芸員には「器用さ」と「正確さ」「慎重さ」「臨機応変さ」が必要であるなと感じました。 実測をする際は、資料を傷つけずにいかに正確なデータを測るかなど、一度に大変な気を使わなければなりません。また、資料の写真撮影をする際も、変わりやすい明るさ・湿気・温度など、その資料に適したコンディションに臨機応変に対応しなければなりません。
このように様々な配慮をする理由は、やはり最良の状態で資料を展示するためであり、そのための努力は決して行ってはいけないことを、実際に資料を取り扱う上で改めて理解できました。

今回は、ここで終了したいと思います
残りの実習でも、沢山のことを吸収したいと思います

萩原

学芸員実習に参りました!

こんにちは、初めまして
今回、信玄公宝物館で学芸員の実習をさせていただく事なりました、萩原と申します。
まず、簡単な自己紹介をさせていただきたいと思います
私は、現在東京都内の大学に通っている大学4年次です。専攻は、社会学でして、主な研究は”アメリカと日本の女性史”などを行っています
趣味は旅行です今までアメリカ本土、グアム、サイパン、タイ、フィリピン、トルコ、フランス、スペインに行きました。国内外問わず、新しい土地に行くことが大好きです

さて、そんな私が今回この信玄公宝物館を実習崎に選んだ理由は、

『地元、山梨の歴史&信玄公の偉業をもっとみんなに知ってもらいたい』

と思ったことです。
上記の通り、私は今まで様々な国に足を運びました。その都度、私は”日本人は自国の歴史を知らなすぎる”ことを痛感してきました。戦争の記憶、政治、経済etcです。

この経験を通じ、私は自分が生まれ育った国、都道府県、市町村、家系のことは他人に説明できるくらい詳しくならなければならないと感じました。
そこで、まずは地元である甲州市の歴史、県の英雄である信玄公について学びたいと思い、今回実習先に当館を選ばさせていただきました。

歴史や史学には正直疎いのですが、実習を通じて信玄公の歴史を網羅し、当館の素晴らしさを皆様に伝えられたら幸いです。
9月20日から26日までの一週間 、当館でお世話になりますので、どうぞ宜しくお願いいたします

萩原

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode