<< 学芸員実習感想 | main | 恵林寺のニューアイドル(続報) >>

スポンサーサイト

  • 2014.01.27 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


学芸員実習感想

こんにちはお久しぶりです、実習生の萩原です
最近めっきり涼しくなり、心なしか恵林寺内の風景も風流に感じられます。 

さて、今回は実習の内容を簡単に紹介したいと思います
【拓本】
…拓本とは、彫刻などに書いてある文字など、写真では見にくい資料を画仙紙(和紙)と墨を使って写し出すことを言います。
今回私が拓本を行った資料は、〃廓曚鉢武田家の家紋が描いてある瓦の二つでした。
とても細かい作業なため、何度か失敗しましたが館長の指導の下なんとか仕上げることが出来ました。

【写真撮影】
…皆様もご覧になったことがあると思いますが、資料集などに載っている工芸品などの写真は、特別な行程によって撮影されています。例えば、〇駑疏澗里しっかり見えるように特定の部分にピントを合わせないで撮る方法や∋駑舛留討映らない様に撮る方法etcなどです。
これらの行程にのっとって撮影の実習をしたのですが、そもそもカメラに疎い私にとって、とても難しい作業でした。

さらに、今後はキャプション(展示品の解説パネル)の作成などに取り掛かる予定です。

毎日とても充実しているため、残り数日で実習が終わってしまうと思うと少し寂しいです。
ちなみに、今日は事務局の矢崎さんが恵林寺の近くの一休庵さんの宝刀(ほうとう)をご馳走してくださいました
とても美味しかったです。館長さんをはじめ、沢山の方々に支えられて実習が行えているので、残りの日程も頑張りたいと思います。

萩原

スポンサーサイト

  • 2014.01.27 Monday
  • -
  • 13:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode